マエストロサービス社長ブログ 愛とぞうきんと私 -家事代行サービス会社社長が綴る愛と冒険の日々-

2005年:アーカイブ

アパ正月②
2005年12月31日 15:43 | トラックバック(0)

行ってきましたアパリゾート。

妙高は長野県なので、東京駅より長野新幹線「あさま」に乗車。
ビールを開けて気分よくなってきたな〜と思った頃にはもう到着です。時間にして2時間弱でしょうか。ここから信越本線というローカル線に乗って40分ほど揺られると目的地の関山という駅に着きます。駅を降りるとそこには・・・、いましたっ!アパバスです。

アパバスに乗り込むと、すでに中にはけだるそうな中年のおっさんが一人と、4人の家族連れが一組。そういえば若者は皆一つ手前の妙高高原駅で下車していましたね。バスに揺られて15分ほど経つと、Welcome to APA Pine Valleyの垂れ幕が見えてきます。ついにアパ敷地内に入ったようですね。そしてさらに5分ほど経つと、出ました!アパホテルです。若干ぶれているので分かりにくいですが、ホテルのてっぺんに燦然と輝くアパおばさんの顔は、吹雪の中でも旅人を優しく迎えるに違いありません。

ホテルに入ると、普通に家族連れの多いキレイな作りで、従業員もとても親切。スタッフは皆あの帽子を被っているのかな?と思っていましたがそんなことは無いようです。

さっそくチェックインの後、館内をウロウロ。
HPの案内によると、室内プールや卓球場があるということでしたが、これは夏季限定のようで、温泉以外には目立った娯楽施設はありませんでした。まぁスキーと温泉で満足しろということですな。職業柄掃除の様子が気になりますが、こちらも隅までよく清掃されています。什器類もしっかりと磨き上げられていてとても感激です。都内の某一流ホテルでも、部屋がきれいなのに掃除用具が汚れたままということがたまにあります。家事屋的には幻滅です。

部屋には余計な装飾や植物などは一切なく、リゾートホテルというより経営母体であるビジネスホテルに近い雰囲気です。スリッパはもちろんアパスリッパ。うれしいことに部屋にはLANケーブルがあり、インターネットし放題!ここら辺もビジネスホテルっぽいです。

さて夕食です。
夕食はフランス料理と和洋折衷から選べます。とりあえずリゾートな雰囲気を味わうためにフランス料理を選んで食堂へ。

さて、この夕食ですが、

非常に美味しいです。

味付けはやや薄めですが、しっかりとした味で、ボリュームも問題なし。ハウスワインも相性の良いものを選んでおり、これまた満足です。
こういうところの料理は高くてマズイと相場が決まっているのであまり期待していなかっただけに、かなりポイント大。

幸せに満たされて床についたのでした。

続く

アパ正月①
2005年12月30日 01:58 | トラックバック(0)

皆様にご報告があります。私、長瀬は今年の年末年始をあの アパホテル で過ごすことになりましたよっ!
理由は単に寝正月が勿体無かったことと、今更空いている安い宿が他になかったからなのですが、かなり期待値大!

えっ?アパホテルってビジネスホテルじゃないの?

あるんです。ここにあるんですっ!↓↓↓↓

アパ ホテル&リゾーツ妙高パインバレー

あの松下電器グループが経営していたはずの妙高パインバレーがいつの間にかアパグループに!
恐るべし!アパ!

いや〜、アパグループ。実は昔っから気になってました。

・何故、アパなのか?
・何故、アパおばさんは変な帽子をかぶっているのか?
・何故、社長ではなく副社長のアパおばさんがあんなにクローズアップされているのか?

こうした諸々の謎が今解き明かされようとしていますっ!
これはもう、ボビーと曙の殴り合いなんか見ている場合じゃありません!

請うご期待!アパッ!

大掃除大詰め
2005年12月29日 02:16 | トラックバック(0)

いよいよ年の瀬。この時期になるとギリギリ大掃除需要が盛り上がり、直前の問い合わせがガンガン来ますが、いかんせん人手が足りない!ぐはぁ!

こんなに問い合わせが来るとも思いませんでしたが、もう一つの誤算は暮れはスタッフも結構忙しいということでした。
意外と早く(27,8日頃に)田舎へ帰ってしまう人もいたりしてミスマッチを痛感。12月に入ってから知ったのでは遅すぎですね。もっと早く確認すべきでした(or泣き落としすべき?)

ともあれ、人手不足を補うために私も自ら作業に駆り出されることにしました。本日の作業場所は門前仲町。ここはその昔メガネというイケてないスタッフを雇ってしまった場所で、今でも駅に降りたつと悔しさで涙が零れ落ちます。

綺麗なお宅だったので4時間程度で終わる予定だったのですが、予想外に5時間以上もかかってしまいました。一番の理由はレンジフード。時間がかかることは分かっていたのですが、ブラシとボンスターで一心不乱に擦るのですが全然落ちません。結構長い間お湯+洗剤につけて置いたのですが・・・。そんなこんなでその他の場所もあわせてキッチンだけで2時間半以上かかってしまいました。
 もう一つ時間がかかったのがお風呂場のバス脇部分の分解と組み立てでした。これまで見てきた組み立てバスとは少し方法が違うため(ネジを緩める方式)、これにも時間を取られてしまいました。

 やはり「大掃除」と言われると、かなり隅の部分まで意識が行くため余計に時間がかかってしまいます。きっと他のスタッフも同じ状況なんでしょうね。初めてのお客様には特に喜んで頂きたいのでついつい時間をかけてしまいます。 今回思いましたが、大掃除はやはり時間がかかる!ので、大掃除の場合は時間制ではなく場所ごとに料金指定をしたほうが現状にあっています。(House Cleaningみたいでイヤですが・・・。)

他のスタッフのトラブルで一時的に離れなければならなかったせいもあり、遅くなっててしまったため、お客様の勤務先まで鍵を返しにいくと「いつもこんなに時間かかるんですか?」の痛い一言。ゴメンなさい。いつもはせいぜい2〜3時間程度です。でも、かなり気合込めてやりました。。これに懲りず、使って頂ければ幸いです!

英会話教室にて①
2005年12月22日 02:51 | トラックバック(0)

今日は何と英会話教室に来ています。

えっ?あんた英語話せるんじゃなかったっけ!?
何のために8ヶ月もアメリカに居たのサ!?

ハイ、話せます。けど、最近かなり怪しいです。
というか、この仕事に必要な英語は特に怪しいです。
それでなくても、私の周りには海外10年モノや15年モノといった高級ウィスキーみたいな人が多いので実はバケの皮がはがれないかといつも内心ヒヤヒヤしているのです。

作業手順の説明なんかは問題ありませんが、詳しい汚れの解説なんて出来ません。「汚れは、対象物とそれを取り巻く環境によって多くの種類があり、ホコリなどの比較的軽い汚れから、変性油やかび、サビ、コゲなどの取り除きにくい汚れまで多種多様です。」(弊社研修資料より抜粋)なんて説明できません。(あまりしませんが)

外人の友達と話す中で鍛える、という手も考えられるのですが、あんまし掃除の話ばっかしていると友達をなくす可能性もあるため、ここはやはりプロを使うべきかと、そんなわけでとある知り合いの紹介で、超格安(1時間1,000円)の英会話教室に顔を出して見ました。

続く

魔王:伊坂幸太郎
2005年12月20日 13:11 | トラックバック(0)

友人に薦められて、初めて伊坂幸太郎作品を読みました。

ともすれば流されがちな日本人に対する警鐘とも思われる内容。なるほど、「頭のいい人々」の作りあげる情報や状況を鵜呑みにせず、自らに対して「考えろ、考えろ」を繰り返し、そして正しいと思ったことは勇気を持って行動できる人、クラレッタのスカートを戻した名も無いイタリアの人のような人になりたいもの。

アンダーソンの家が燃やされる場面で、いくらアメリカに対する反発が強まったところで、流石にこんなことは起きないんじゃないの!?とも思いましたが、これがアメリカ人ではなく、在日の韓国人・朝鮮人であったなら現実でも十分に起こりえるなと思い直し少し怖くなりました。カリスマ性をもった独裁者や扇動者が魔王なのではなく、魔王はそういう流されやすい大衆の中にいるんだなと。

でも、フィクションとは言えちょっと設定が非現実的過ぎる気が。個人的に超能力みたいなものは反則だと思っているからでしょうかね。


家事代行のマエストロサービス

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP