マエストロスタッフブログ

名もなき家事
2018年2月26日 19:11 | トラックバック(0)

大和ハウス工業株式会社が、全国の「同居のお子様をお持ちの共働き夫婦」を対象に実施した「家事」に関する意識調査をおこなった結果、「家庭での家事分担における夫婦の比率」について、夫は「夫3割:妻7割」で家事を担当していると答える一方で、妻は「夫1割:妻9割」と答え、それぞれが思っている家事分担に大きな意識の差があることがわかりました。
男性も家事に協力的になってきておりますが、まだ女性の方が負担が大きいようです。

家事は「掃除、料理、洗濯」と大まかに分かれていますが、料理の中でも「献立を考える」「買い物する」等、細かく分かれて作業があります。
これらの「名もなき家事」を行っている女性の方が家事の負担が大きくなる傾向にあるようです。

ご家族内で行っている家事を細分化し、生活するうえで行っている家事をご家族で話し合い、「家事の共有化」を行っていくことで、お互いの家事分担が見えてくるでしょう。
ただ、共働きのご家庭が多くなってきている現代では、家族だけでは手がまわらないことの方が多いので、そのような時は家事代行の利用も検討されてはいかがでしょうか!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.maestroservice.co.jp/cms/mt-tb.cgi/769

PAGE TOP