家事屋によるお掃除の話 マエストロサービスお掃除ブログ

場所別掃除方法

2018年03月26日 カーペットの掃除
場所別掃除方法

毛足の奥まで入り込んだゴミを取るには、粘着シートよりも掃除機が効果的


カーペットの掃除機がけは毛の流れに逆らうように引きながらかけることです。
カーペットの上から下、下から上、左から右、右から左と、全方向に引きながらかけると効果的です。

ゴミを充分に除去するためには、1平米あたり2030秒ほど時間をかける必要があります。
ゆっくりと時間をかけて吸い取りましょう。


カーペットに掃除機がけには、ブラシ付きの掃除機を使うと、逆立たせて、内部のゴミも吸い取ることができます。


カーペットのゴミの種類と掃除方法


髪の毛

髪の毛やペットの毛などは、毛足の長いカーペットにからみやすいです。掃除機で吸いきれないときは、「ゴム手袋」を使います。

ゴム手袋をつけて、カーペットをこすると摩擦の力でゴミだけをからめとることができます。

食べ物や飲み物によるシミ


コーヒーやワインなど飲みこぼした汚れは、下記の4ステップで落とします。できるだけすぐに対処するのがキレイに落とすポイントです。

①乾いた布やキッチンペーパーで水分を拭き取る

乾いた布やキッチンペーパーで水分をすぐに吸い取ります。こぼした水分をたたくように水分を吸収させます。周りにシミをのばさないように注意して下さい。


②中性洗剤を薄めた液を染み込ませる

汚れた部分に中性洗剤を染み込ませるように拭いていきます。汚れがカーペットに戻らないよう、常にきれいな面を使って拭くのがポイントです。

③水拭きする

洗剤がカーペットにまんべんなく染み込むと汚れが浮きあがってきます。汚れの外側から中心に向かうように雑巾で水拭きし、汚れをかき出します。

④乾拭きする

汚れが取れたら、カーペットを乾拭きして、水分を完全に拭き取ります。水分が残っているとダニが繁殖しやすくなりますので、できるだけ水分を取り除きましょう。


ダニ繁殖の予防


適度な温度と湿度が保たれたカーペットは、ダニの温床です。
ダニはアレルギーやじんましん、気管支炎の原因にもなるの、しっかり退治しましょう。

生きているダニは鋭い爪でカーペットのしがみついているため、掃除機で吸っても、吸いきれません。

ダニの駆除に最も有効なのは、熱を与えて、死滅させてから、掃除機で吸い取ることです。

そこで、スチームモップをつかいます。スチームモップからは、最高70度にもなるスチームが出ています。ダニを退治するには充分な温度です。


60度未満ですと、死滅に2030秒ほどかかり、他の場所に逃げてしまいますので、60度以上で、一瞬で死滅させましょう。

仕上げに掃除機を丁寧にかけて、ダニの死骸を吸い取ります。死骸を残すとアレルギーの原因になりますので、しっかり掃除機をかけます。




2018年02月16日 窓掃除 (サッシの掃除)
場所別掃除方法


【手順1】準備


埃やゴミを取り除くために、サッシブラシや古い歯ブラシ、古い布切れを準備します。

サッシやゴムパッキンにカビが発生している場合は塩素系漂泊剤を用意します。

 

【手順2】濡らさずにサッシとサッシレールの埃やゴミを取り除く


乾いた状態の方が、汚れがダマにならずに、すぐ取り除くことができます。

サッシブラシや古歯ブラシを使い、埃やゴミを取り除きます。隅の汚れは爪楊枝やマイナスドライバーでかき出します。

(ブラシでゴミをかき出したあと、掃除機をかけると作業しやすくなります)

乾いた状態では取れない汚れは、水を含ませ、ふやかしてから取るのが効果的です。

ただ、水分を含んだゴミを掃除機で吸い込んでしまうと掃除機の故障につながるので、注意しましょう。


【手順3】水で濡らしたブラシでゴミを取り除き、水拭きをする


水で軽く濡らしたブラシで掃除をします。サッシの汚れは土埃が多いので、洗剤を使用しなくでも、水で十分落ちます。

どうしても落ちない汚れには中性洗剤を薄めた水を付け、こすり洗いましょう。

最後に、ブラシでかき出せなかった汚れをクロスで拭き取ります。

1階やベランダなど、水が下に落ちても問題ない所でしたら、ペットボトルなどで、ゴミを水で洗い流すとキレイになります。


サッシ掃除で活躍する道具


・古くなった歯ブラシ➔室外側を使うとすぐに汚れてしまうので、室外側用と室内側用と
2本用意して、使い分けるとよいでしょう! 

・古い布➔着なくなった衣類や使わなくなったタオルを切り、掃除用にストックしておくと便利です。

・爪楊枝、マイナスドライバー➔隅に入り込んだ汚れをかき出します。

・ペットボトル➔サッシに水を流す時に使います。ペットボトルに付けるブラシも売っていますので、活用すると掃除がしやすくなります。


カビが発生したら!!


結露がおこると、サッシやゴムパッキンにカビが発生しやすくなります。その時はゴミを取り除き、拭いた後に、塩素系洗剤(カビ取り剤)を噴霧してカビを落とします。

カビ取り剤を使った後は丁寧に水拭きして、薬剤を落としましょう。

(薬剤が残っているとサッシやゴムパッキンが傷んでしまう為です。)


最後に・・


サッシの掃除は頻繁に行えませんが、最低でも下記の汚れた溜まった頃にお掃除しましょう!

汚れが溜まっている時期

春一番がふいた後 初夏(67月)の黄砂が落ち着いた頃

台風シーズンが終わった頃 年末大掃除の時期



2018年01月17日 窓掃除(窓拭き)
場所別掃除方法

♪窓掃除に適した日♪

窓ガラスは曇りで湿度が高い日が窓ガラスの掃除に最適の日です。

晴れの日に行うと、すぐ乾いてしまい、拭き跡が残りやすくなり、何度も拭くことになり、手間がかかります。あと、汚れに湿気が入り込み汚れが落としやすくなります。

 

【手順1】乾いた状態で大まかな埃や汚れを取り除く


窓の内側は汚れがひどくないので、乾拭き雑巾でさっと拭くだけでホコリを落とせます。
窓の外側の砂や土、泥などで汚れている箇所は水拭きの前に乾いた新聞紙や刷毛で汚れを取ります。

 

★注意点とポイント

・はじめから水拭きしてしまうと、汚れがダマになって掃除しにくくなってしまうので注意いしましょう
・擦り過ぎると窓に傷が付いてしますので、やさしく取りましょう、刷毛を使うと便利です。

 

【手順2】洗剤で窓を拭く


洗剤は直接窓にスプレーせず、濡らした雑巾に洗剤を染み込ませて拭きます。

汚れを洗剤と水分で浮かび上がらせます。

 

★注意点とポイント

・窓に洗剤をスプレーしてしまうと洗剤が付いた部分が液ダレしてしまい、跡が残ってしまうので注意しましょう。

・汚れがひどくなければ、洗剤は使わず、水拭きのみで綺麗になります。

洗剤を使うと拭き上げに時間がかかってしますので、水拭きだけにすると、ひと手間省けます!

 

【手順3】水拭きし、汚れと洗剤を取り除く


汚れと洗剤をしっかり水拭きして、取り除きます。

汚れた雑巾のままで拭くと、汚れと洗剤成分が残ってしまい、綺麗に仕上がらないので、こまめに洗うか、綺麗な雑巾にかえましょう。

 

【手順4】乾拭きする


窓に残った水分や汚れを乾いた雑巾で拭き取ります。

拭き方は窓全体をまんべんなく拭き、最後に水分と汚れをのばすように拭き上げます。

 

★注意とポイント

・乾拭きで使う雑巾は、なるべく綺麗で、毛羽立ちがない雑巾を使いましょう。

・窓の内側はあまり汚れていないので、乾拭きだけでも綺麗になります。

汚れが気になる箇所のみ水拭きし、その後、全体を乾拭き、磨き上げると綺麗に仕上がります。


1  2  3  4  5

PAGE TOP