マエストロサービス社長ブログ 愛とぞうきんと私 -家事代行サービス会社社長が綴る愛と冒険の日々-

家事代行マッチングサイト
2013年11月 2日 21:27 | トラックバック(0)

8月に、家事代行のマッチングサイト「家事代行ひろば」をリリースいたしまして、各方面から様々な反響を頂いております。

もっとも多いのは、同業の方々からの「何考えてんだ!!」というお怒りコメントw
ですが、この場で力強く宣言いたします。

我々、仲介業者とは客層が全く違うので、ご安心ください!

私が8年ほど前に、この仕事を始めた時に作った未来予想メモ「2015年の家事代行業界」というものがありまして、そこには力強く「市場は100億円に達する」だの、「利用者は100万人を超える」だのが、ツラツラと書かれているのですが、概ね妄想で終わっています。(新しいことを始めるときは、これくらいポジティブでなければだめですよね!)

マーケットの広がりが期待以下である理由は様々考えられて、リーマンショックや、地震の影響といった、世の中一般で言われている外部要因も多少影響しているとは思いますが、本質的には無関係で、1点に収斂されると考えます。

つまり、まだまだ「価格が高い」のです。

※あくまで実感ベースです。アンケートを取ったわけではありません。

価格についてですが、まず定期利用時の利用金額は平均でざっくり2600円/h、毎週2時間利用時の交通費込み支払額は2600円*2h*4回+1000*4=24,800円。これに税金を加えて26000円程度でしょうか。これは過去15年位変わっていません。これだと、ライフステージにもよりますが、処分所得ベースで月30万円位+仕事がすごく忙しい、で利用検討を始める感じかと思われます。ボーナスはとっておきたいと考えると、夫婦で働いて世帯収入1200万。なーんだ、これならたくさんいるんじゃないの、と思いきや、ローンが・・・、子供の学費が・・・、老後の貯蓄が・・・ということになると、自分で出来る作業は家庭内の固定人件費で内製化、ということになります。(参考:私の大好きな 大手小町より)

ではいくらなら心理的に抵抗感なく使えるの?というと、独自調査によると、一気に予算1万円/month、ということらしいです。これだと確かに一気に利用者は増えるでしょう。しかし、通費を差し引いて一回1500円では、サービス提供業者としてはそもそも原価割れ赤字となり、商売として成り立ちません。普通やっている限りここまで価格は下がらないということになります。

それではダイレクトマッチングだ、ということになり、今回実験的に運用をしているわけですが、安ければ、安いなりにしっかりとトラブルも起きています。このサイトでは、利用時に、トラブルの解決は利用者同士で行う旨明記していますので、運営者にクレームが寄せられるのですが、原則として対応していません。こうしたトラブルを避けたい方は、引き続き我々のような業者サービスを選択することになります。マエストロの方の問い合わせ数が、サイトオープンの前後で変わらないところを見ると、お客様も違いを理解した上で、使い分けをされているようです。

ということで、繰り返しますが、マッチングサイトは、これまで価格がネックで使ったことがなかった方に、門戸を開く存在であって、既存の業者サービスと競合するものではない、とここに断言いたします!w





カテゴリ: 家事屋のお仕事


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.maestroservice.co.jp/cms/mt-tb.cgi/764

PAGE TOP