マエストロサービス社長ブログ 愛とぞうきんと私 -家事代行サービス会社社長が綴る愛と冒険の日々-

正しい家事代行会社の選び方~様々な会社達編~②ミッシェルHS
2011年5月 2日 15:12 | トラックバック(0)

引き続き正しい家事代行会社の選び方です。

今回はミッシェル・ホームサービス(以下、ミッシェルH)です。

ミッシェルは、元々クレアティ・サービスという個人運営の会社だったものを、昭和シェル石油が買収して出来た会社です。長瀬は旧クレアティの佐藤さん時代からお世話になっており、現在の番場社長にも愛がって頂いているので、ここでも若干バイアストークになります。(※繰り返しになりますが、リベートはもらってません)

私の勝手な定義によると、家事代行業界では、時系列的に3つの世代に分かれます。
第一代は1990年代前半か、それ以前にサービスを開始した前回ご紹介したミニメイド・サービスと、サービスマスターのサブプランとして導入されたダスキン・メリーメイドの2社。第二世代が2000年このミッシェルHS(旧クレアティ)と、後述するベアーズ。そして、弊社を含むその他大勢が第三世代です。第一世代の2社は、若干ターゲットが違うので、現在の家事代行の流れを作ったのは第二世代の2社ということになります。

 そのミッシェルですが、実にまともというか、真面目な会社です。バックオフィスの体制が整っており、コールセンター、マネージャーによる対応共に素早く丁寧です。スタッフさんの採用も常に行っており(※常にというのが重要)、厳しめにセレクションしているようです。また、結構な経費をかけて、スタッフさん向けの慰労会のようなものを行っているようで、お金持ち会社ならではだなあと、毎年羨望の眼差しを向けています。ちなみに弊社の慰労会は小規模ですが、飲み&カラオケはよく実施されます。

 また、我々のような小さな会社は、広告などでつい虚勢を張りたくなり、スタッフの数だとか、顧客数を過大に表示する傾向があるのですが、こちらの会社は大人の余裕というか、そのような過大広告は全くしていません。尚、私の知っている限り、都市直営型(FCをしていない)の業者の中で、顧客数が最も多いのはここです。当然、スタッフの数もかなり多いようなので、当たり外れはあると思いますが、そこはしっかりと要望を伝えて、気に入らない時は大人の態度でクレームをすれば、ちゃんと対応してくれると思います。

 

カテゴリ: 家事屋のお仕事


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.maestroservice.co.jp/cms/mt-tb.cgi/749

PAGE TOP