マエストロサービス社長ブログ 愛とぞうきんと私 -家事代行サービス会社社長が綴る愛と冒険の日々-

2010年:アーカイブ

オジの急逝とがんで亡くなる仕組み
2010年11月16日 09:53 | トラックバック(0)

さて、以前ついーとした母方のオジが昨日亡くなってしまいました。見つかったのがつい先日だったので、ホントにあっという間です。ガンが見つかったため、私の従兄にあたる娘は結婚の予定を来週末に早めて、なんとか間に合うかなと思っていた矢先の出来事。ひたすら悲しい。

運良く、今際の際に立ち会えたのですが、苦しむことなく、徐々に弱っていって心臓が止まる、という最後でした。ガンの最後は、もっと壮絶なものだと思っていたのですが、うまいこと緩和療法してくれて良かったです。しかし、大出血をするわけでもなく死ぬと言うのは一体どういうことなんだろうかと考え、嫁に聞いてみました。

ガンは細胞の異常増殖なので、ガン細胞自体が毒性を持っていたりすることはないらしいんですが、増殖してくると、サイトカインとかいうホルモン的な物質を血中に出して、それが体中の毛細血管につまってしまい、徐々に臓器に酸素がいかなくなって、多臓器不全に陥るということらしいのです

しかも、血管がつまると、体は血栓が出来た状態と勘違いして、血液をサラサラにする物質を大量に放出するらしく、そうすると今度は逆に出血が起きて、多臓器出血みたいなことにもなってしまうと。抗凝固剤も凝固剤もつかえないデッドロック状態になってどうしようもないと、そういうことらしいのです。

専門知識があるわけではなく、かつ、涙ながらに断片的に話を聞いただけなので、多分誤って理解していると思いますが、それにしてもこの仕組みを聞いた時、オジが徐々に力を失っていって、最後に心臓が止まるというプロセスにまさしく当てはまる感じがしまして、とてもなるほど感がありましたね。

それにしても、毎日お酒を4合+タバコを2箱も吸ってたら、そりゃ食道がんにもなるわなと思いつつも、やはりもう会えないと思うとひたすら悲しいです。オジは三菱商事のころ、ネチネチといやらしい上司に腹が立ってガツンと殴ってしまい、四国に左遷されたという話が微笑ましく思い出されます。冥土で乾杯。


PAGE TOP